MEO対策で順位が上がらない時のチェックリスト10選

MEO対策上がらない時のチェックリスト

MEO対策に取り組んでいるけど、Googleマップ上での順位が上がらない・・・

そんな悩める店舗運営者の方に向けてMEO対策で上位表示するためのチェックリストを作りました。

Googleマイビジネスの運用をしっかりしているつもりなのに、上がらないという方はぜひ一度チェックしてみてください。

MEO対策のご相談

弊社イワクラボでは、WEBサイトの制作、Googleマイビジネスの登録設定から、MEO対策による上位表示までを一貫して代行することが可能です。

MEO対策をしたいけどどうやったらいいかわからない、MEO対策をする時間や人員がいない、という方は是非一度弊社にご相談ください。

お問合わせは、下記MEO対策お問い合わせフォームから承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

MEO対策で順位が上がらない時のチェックリスト

MEO対策で上がらないときのチェックリスト

MEO対策は、現在競合が少ないためしっかりと対策を行えば、上位に上がらないということはありません。

下記のMEO対策が上がらない時のチェックリストを参考にGoogleマイビジネスの設定や運用を行えば現状よりも改善されることだと思います。

  • 基本的な情報をしっかりと入力しているか
  • 商品・メニューをしっかりと設定しているか
  • ビジネス名・住所・電話番号など情報を統一しているか
  • 画像を競合に比べて投稿しているか
  • 投稿を頻繁にしているか
  • レビューを獲得し返信しているか
  • キーワードを意識した設定を行っているか
  • Googleマイビジネス以外でもしっかりと情報を発信しているか
  • Googleマップを会社概要ページに埋め込む
  • 構造化データマークアップを適切に行っているか

MEO対策で上がらない時のチェックリスト(初級)

MEO対策で上がらない時のチェックリスト(初級)です。

このセクションの対策は、やっていなければマイナスになることすらある項目となっています。

基本的な情報をしっかりと入力しているか

・カテゴリの設定、営業時間、ウェブサイトURL、属性、ビジネス情報を最新の情報に更新する

Googleマイビジネスの基本的な情報をしっかりと入力することがまず最低条件です。

多くの店舗オーナー様は、この基本的な情報を入力していないことが多いです。

カテゴリの設定、営業時間、ウェブサイトURL、属性、ビジネス情報などこれらの情報を出来るだけ最新の情報に更新することが必要です。

商品・メニューをしっかりと設定しているか

・商品・メニューは検索キーワードに反応し、店舗訪問率も向上

商品・メニューを設定することは、キーワードに反応するだけじゃなく、店舗の商品を魅力的に見せることができるので店舗の訪問率の向上にも役立ちます。

商品のカテゴリをしっかりと設定し、商品の説明ももれなく設定することは重要となってきます。

ビジネス名・住所・電話番号など情報を統一しているか

・ビジネス名・住所・電話番号を統一しGoogleに同じ店舗だと認識させる

Googleマイビジネスの運用で意外と見落としがちなのが、このビジネス名・住所・電話番号を統一することです。

ビジネス名・住所・電話番号の統一のことをNAPの統一と言われています。

NAPの統一をすることがなぜ重要かというと、Googleマップで上位表示を決定するために他のWEBサイトやSNSに散らばっている情報と照合してその情報が正確かどうか判断をしています。

よって、Googleマイビジネスの情報が他のサイトやSNSと異なると別の店舗であると判断されてしまう可能性があります。

画像を競合に比べて投稿しているか

・画像投稿は、週1は最低条件、できれば1~3日に1回はするべき

Googleマイビジネスの情報で競合に比べて投稿頻度、画像へのアクセス数がグラフで表示されます。

MEO対策写真投稿インサイト

実際の、Googleマイビジネスアカウントのインサイトを見ていると同業他社と比較して、かなり表示回数が少ないことがわかります。

よって、この店舗運営者の方はもっと画像を投稿して表示回数をあげていく必要性があると言えます。

どの業種でもこの画像の投稿は大事ですが、特に居酒屋をはじめとした飲食店ではかなり大きな効果を発揮します。

画像は少なくとも週1回、できれば2、3日に1回は投稿していくことをお勧めします。

投稿を頻繁にしているか

・投稿はキーワードに反応し、ユーザーに安心感を与える

投稿を頻繁に行うことにより、Googleマップを使用するユーザーに最新の情報を通知することができます。

また、投稿は、検索した際にキーワードに反応しますので検索ユーザーに安心感を与えるだけでなくGoogleマップ上位対策にも影響を与えます。

Googleマイビジネス投稿使い方 Googleマイビジネス投稿機能の使い方【活用方法マニュアル】

MEO対策で上がらない時のチェックリスト(中級)

MEO対策で上がらない時のチェックリスト(中級)です。

こちらのセクションは、専門的なツールや経験が必要となるセクションです。

ここまで、対策を行いたければMEO対策会社にお願いした方が良いと言えるでしょう。

レビューを獲得し返信しているか

Googleマイビジネス口コミ

・レビューとレビューへの返信はキーワードに反応する

・厳しいレビューがきてもしっかりと真摯な対応をする

レビューは、Googleマップの上位表示に大きな影響を及ぼすだけでなく、ユーザーの店舗の訪問率にも影響を及ぼします。

また、レビューの多い店舗はGoogleが「知名度」が高い有名店だと認知をすると公式で示しています。

そして、多くの店舗運営者の方が忘れがちなのが、口コミの返信を行うことです。

口コミの返信を行うことにより、ユーザーに向けて丁寧な店舗運営者であると安心感を与えることができます。

口コミのキーワードと返信は、検索キーワードとして反応するので返信する際は、キーワードをさりげなく挿入して返信するのがポイントです。

また、店舗を運営していると悪い口コミがついてしまうことは仕方のないことです。

Googleマイビジネスの公式サイトでも下記のように言及しています。

厳しい意見に対しては、個人的に捉えず、プロフェッショナルな対応を心がけましょう。 これは単なるガイドラインではなく、ビジネス オーナーとしての心がけです。

引用:https://support.google.com/business/answer/3474050?hl=ja

悪い口コミに対抗して、喧嘩腰で返信してもプラスになることはありません。

あくまでも冷静で紳士な口コミ返信を行なっていきましょう。

Googleマイビジネス口コミ Googleマイビジネスの口コミを増やすにはどうしたら良いのか?

キーワードを意識した設定を行っているか

・キーワードをGoogleマイビジネス内に盛り込む

基本的な情報や、商品・メニューなど無闇に登録するのではなくキーワードを意識して設定を行う必要性があります。

基本的な情報では、自然な流れで上位表示したいキーワードを盛り込むこと、商品・メニューでは、カテゴリ欄にキーワードを意識して盛り込むことが重要になってきます。

また、よくある事例として検索のボリュームが少ないキーワードを狙っている事例です。

検索ボリュームが少ないキーワードで上位表示されても大きく店舗の訪問率が上がることは難しいでしょう。

よって、事前にしっかりと検索ボリュームがあり、店舗訪問率の高まりやすいキーワードを選ぶ必要性があります。

Googleマイビジネス以外でもしっかりと情報を発信しているか

ホームページ集客チラシ

SNSやWEBサイト、ポータルサイトでの情報も重要

Googleマイビジネス上での、写真や情報の投稿を行うだけでなく他の媒体での情報もGoogleは読み込んでいます。

例えば、「大阪_カニ」というキーワードで上位表示したい場合

WEBサイトや、SNS、他のポータルサイトでも「大阪」「カニ」双方のキーワードを含めて対策を進める必要性があります。

他の媒体でも、積極的に発信を行うことによりGoogleはWEB上に情報が多く存在すると認識し「有名な店舗」であると認識します。

MEO対策で上がらない時のチェックリスト(上級)

MEO対策の順位が上がらない時のチェックリスト上級編です。

こちらの対策方法は、専門的な知識も高く店舗運営者の方が行うのは厳しいかと思います。

実際にサイト内部をいじる必要性が出てくるのでプログラミングができるスキルやより高い専門性が求められます。

2019年12月では、上級までこなしている事業者はほとんどいないのでここまでやるとGoogleマップで上位表示されていることでしょう。

よく分からないという店舗の方は、読み飛ばしていただいて良いセクションです。

Googleマップを会社概要ページに埋め込む

Googleマップを店舗概要やお問い合わせのページに埋め込むことにより、Googleに実際の店舗が活動している地域を適切に読み込ませることができます。

実際にWEBサイトを持っている店舗様であれば、ホームページの制作会社の機能をもつMEO対策会社に依頼をすれば対応してくれる会社もあるかと思います。

構造化データマークアップを適切に行っているか

MEO対策構造化データマークアップ

構造化データマップアップとは、Googleが推奨するWEBサイトのコーディング方法の1つです。

高度なプログラミング知識が必要とされ、WEBサイトの住所、店舗名、電話番号などを適切にGoogleに読み込ませることができます。

MEO対策会社の中でもサイト内部の構造をいじることができない会社がいます。

もし、MEO対策で上がらない時のチェックリスト(上級)まで対応したいという店舗運営者の方はお問い合わせください。

まとめ

MEO対策で順位が上がらない時のチェックリストは全てこなせば、かなり競合が激化している業種や地域でもGoogleマップ上位表示はされているのではないかと思います。

Googleマイビジネスは、日々新機能がアップデートされているので新情報を追って店舗情報を最適化していきましょう!

MEO対策のご相談

弊社イワクラボでは、WEBサイトの制作、Googleマイビジネスの登録設定から、MEO対策による上位表示までを一貫して代行することが可能です。

MEO対策をしたいけどどうやったらいいかわからない、MEO対策をする時間や人員がいない、という方は是非一度弊社にご相談ください。

お問合わせは、下記MEO対策お問い合わせフォームから承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。