Googleマップ上位表示方法【MEO対策完全ガイド】

Googleマップ上で上位表示する方法であるMEO対策の重要性は近年増してきています。

そんなMEO対策でGoogleマップ上位表示の具体的なやり方・方法をお伝えしたいと思います。

Googleマップの上位表示に大切な要素

MEO対策Googleマップ

Googleマップ上での順位の決まり方には、3つの複合的な要素で決まってきます。

その具体的な3つの要素とは、

・関連性

・距離

・知名度

の3つです。

この3つの要素を考慮しそれぞれに対策を施していくことが重要です。

関連性

関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

出典:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

関連性とは、具体的にユーザーの検索語句とGoogleマイビジネスのビジネス情報の「関連性」のことを指します。

また、「距離」が他の店舗より遠くても、Googleマップ上で上位に表示されるという事例もあります。

距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

出典:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

距離は、シンプルにユーザーが検索した場所からその店舗への距離のことを指します。

ただし、近い距離であったとしても「関連性」が低いと表示はされません。

知名度

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。

出典:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

知名度は、オフライン、オンラインでの知名度のことを指します。

オフラインで有名なブランドや、建物などは上位に表示されやすくなっているので、マイナーな店舗はオンライン上でのMEO対策が鍵を握っています。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。

出典:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

オンライン上での対策は、WEB上での情報つまりインターネット上にどのくらい店舗情報があるかによって知名度が決まってきます。

MEO対策でGoogleマップ上位表示する方法

MEO対策上位表示

上記で、「関連性」「距離」「知名度」の3要素を元にGoogleマップでの順位が決まることが分かりました。

3要素それぞれの対策方法は下記となっています。

関連性

・店舗情報を正確に埋める

・投稿をできるだけ増やす

・WEBサイトの情報を正確に埋める

距離

・特に対策方法はなし

知名度

・店舗情報の統一

・口コミを増やす

・店舗の情報をWEB上に増やす

本セクションでは、MEO対策でGoogleマップ上位表示の具体的なやり方・方法を解説していきます。

店舗情報を正確に埋める

店舗情報を漏れることなく埋めて

Googleマップの上位表示化のやり方・方法の1つ目は、Googleマイビジネス上の店舗情報を正確にかつ漏れることなく埋めることです。

これにより、Googleが適切に店舗情報を読み取ることができます。

MEO対策上位表示方法やり方

Googleマイビジネス上の「情報」の項目から変更することができます。

店舗情報を、もれなく記載することが最低限する必要があります。また、キーワードを考慮し情報を埋めていくことも大切となってきます。

投稿をできるだけ増やす

・Googleマイビジネスの投稿は、キーワードとしてGoogleに読み込まれる

Googleマップの上位表示化のやり方・方法の2つ目は、Googleマイビジネスに備わっている投稿の頻度をできるだけ増やすことです。

また投稿した内容は、Googleマイビジネスに訪れたユーザーへの告知のためだけでなく、キーワードとしてGoogleに読み込まれます。

また、投稿頻度が多いと検索しているユーザーに対して、安心感を与えることができ、訪問率アップにもつながります。

Googleマイビジネス投稿使い方 Googleマイビジネス投稿機能の使い方【活用方法マニュアル】

WEBサイトの情報を読み込ませる

MEO対策店舗情報

・WEBサイトの狙ったキーワードに合わせて改善を行うことで、Googleマップ上位表示化に貢献する

Googleマップ上位表示化のやり方・方法の3つ目は、WEBサイトを適切にプログラミングをし店舗の情報をGoogleに読み込ませることです。

Googleマップで上位表示するには、Googleマイビジネスの情報だけで完結しません。

Googleマイビジネスに登録されたWEBサイトの情報を読み取っており、その情報を元にキーワードを読み取っています。

よって、狙ったキーワードで上位表示化するためにはWEBサイトの最適化も重要であるということが言えます。

この、WEBサイト情報を適切に読み込ませるには、サイトを適切にプログラミングする必要性があり、店舗経営者の方が自力で行うのは敷居が高いと思います。

弊社は、WEBサイトの制作会社であり、競合より一歩進んだMEO対策がしたい店舗様は、ぜひ一度お問い合わせフォームよりご連絡ください。

口コミを増やす

・口コミのスコアや数はGoogleの知名度に影響している

Googleマップの上位表示化のやり方・方法の4つ目は、口コミを増やすことです。

口コミ数、口コミのスコアは、Googleで検索順位に影響すると明確に記載されています。

Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。

引用:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

また、Googleマイビジネス上での口コミ投稿や口コミに対する返信はキーワードとしてGoogleに読み込まれます。

よって、口コミに対しての返信を行う際はキーワードを考慮して返信を行う必要もあります。

Googleマイビジネス口コミ Googleマイビジネスの口コミを増やすにはどうしたら良いのか?

店舗の情報をWEB上に増やす

・店舗の情報をWEB上に増やすことにより、Googleが有名店であると認識してくれる

Googleマップの上位表示化のやり方・方法の5つ目は、店舗の情報をWEB上に増やすということです。

これは、MEO対策でいうサイテーション(外部施策)と言われる対策になります。

具体的には、Googleマイビジネスの

・ビジネス名

・住所

・電話番号

・URL

がWEBサイト、ブログ、SNSなどで紹介されているかが重要とされています。

中長期的なサイテーション獲得のためには、SNSやWEBサイトでの積極的な発信が必要となってきます。

また、ビジネス名、住所、電話番号、URLを登録できるサイトに情報を追加していくことも大事です。

WEB上に、情報を増やすことによって有名店であるとGoogleが判断してくれます。

それによりGoogleマップ上位表示に前進します。

店舗情報の統一

・Googleは、店舗の情報が異なるとWEB上にサイトの情報があると認識してくれない

MEO対策の上位表示化のやり方・方法の6つ目は、店舗情報の統一です。

店舗情報の統一とは、具体的には異なるサイトやSNSでの店舗名や店舗の住所を統一することです。

これは、先ほど記載した「店舗の情報をWEB上に増やす」という方法にも関連しています。

店舗情報が統一されていないとGoogleは同じ店舗であると認識してくれないため、せっかくWEB上に情報が増えても異なる店舗の情報として認識されてしまいます。

Googleマップの上位表示方法まとめ

Googleマップの上位表示のやり方・方法として、「関連性」「距離」「知名度」を

考慮してGoogleマイビジネスの情報の最適化、情報発信が必要となってきます。

また、競合が少なく集客効果の高いキーワードの選定を行うことも重要性が高いです。

MEO対策のご相談

弊社イワクラボでは、WEBサイトの制作、Googleマイビジネスの登録設定から、MEO対策による上位表示までを一貫して代行することが可能です。

 

MEO対策をしたいけどどうやったらいいかわからない、MEO対策をする時間や人員がいない、という方は是非一度弊社にご相談ください。

 

お問合わせは、下記MEO対策お問い合わせフォームから承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。