MEO対策を行うメリット・デメリットを解説します

MEO対策のメリットデメリットとは

飲食店、美容室、税理士事務所、ホテルなどの店舗型ビジネスを中心にMEO対策を実施する店舗様が増えています。

MEO対策を導入するかどうか迷われているオーナー様に向けてMEO対策導入のメリット・デメリットに焦点を当ててお伝えしていきます。

MEO対策導入のメリット

MEO対策は、デメリットを上回るほどの集客効果があり、現状メリットが大きく上回っていると言えます。

そんなメリットをまとめると、

メリット①:検索結果で目立ちやすい

メリット②:MEO対策の競合が少ない

メリット③:検索ユーザーが店舗訪問意欲が高い

メリット④:スマホユーザーを効率的に集客できる

メリット⑤:Googleマップが急激に利用され始めている

と多岐に渡ります。

検索結果で目立ちやすい

PC、スマートフォンともに「エリア+業種」で検索すると、記事やWEBサイトよりもGoogleマップが先に表示されます。

居酒屋を例に取ると、「大阪 居酒屋」などのキーワードで検索した際に、ホットペッパーやぐるなびなどの大手サイトよりもGoogleマップが上位に表示されるということになります。

大手サイトよりも上位に表示されるということは、多くの方の目にとまるということであり結果として店舗の訪問率の向上に繋がります。

MEO対策の競合が少ない

MEO対策は、他の集客手法に比べて新しい手法であるため競合が少なく、結果的に費用も安くなります。

SEO対策、リスティング広告、大手ポータルサイト(ホットペッパー、ぐるなび、税理士ドットコムなど)は、オーナー様に広く認知されているため競合も多く、広告費用も高くなる傾向にあります。

(SEO対策やリスティング広告は競合も多いため月額費用も約10万円〜30万円かかることもあります。)

それに比べてMEO対策は、自力で行うと0円から対策することができ、MEO対策業者に依頼をしても月額2~3万円で委託することができます。

MEO対策は、必要なコストに比べて効果が出やすいコストパフォーマンスの高い対策であると言えます。

検索ユーザーが店舗訪問意欲が高い

MEO対策メリット

「地域+業種」で検索したユーザーであるので、検索→訪問の確率が高いです。

「梅田 居酒屋」など「エリア+業種」で検索したユーザーに、Googleマップが表示されます。

いち早く梅田(その地域)で居酒屋を探しているユーザーに表示されるということなので、店舗への訪問意欲が高いユーザーへ直接的にアプローチすることができます。

スマホユーザーを効率的に集客できる

画面いっぱいにGoogleマップが表示されるので効果的にスマホユーザーを集客することができます。

スマホ表示の場合「地域+業種」で検索したユーザーに対して、Googleマップが画面いっぱいに表示されます。

スマホユーザーの場合、Google検索→店舗のGoogleマップ表示→Googleマップアプリに移動とユーザーの手間を省いた仕様になっています。

また、予約、問い合わせ、電話もGoogleマップ上で完結するので効果的にスマホユーザーを集客することができます。

Googleマップが急激に利用され始めている

特に若者の間で「食べログ」よりもGoogleマップを活用し始めています。

近年ではGoogleマップやInstagramなど、「プラットフォーム」と呼ばれるソーシャルメディアが存在感を強め、若者を中心に利用者の流出が加速しているという。

株式会社ぐるなびの決算発表によると、営業利益が前年比74.4%減、最終利益が81.8%減と大幅に下落。

引用:「食べログ」一強に暗雲か…Googleマップで店選びをする若者たち

ぐるなびが、営業利益を大きく減らす中Googleマップが急激に利用され始めています。

「店舗のレビューなんかも、簡潔で距離感の近いものが多い印象です。食べログってレビューが専門的すぎて、読むときに少し抵抗感があるんですよ。それに最近は、“店舗の印象操作”とか、“良いレビューしか載せない”とか、あまりいい噂を聞かないですよね。それなら多少素人感があっても、自分と似た人のレビューを見たほうが参考になる気がします」

引用:「食べログ」一強に暗雲か…Googleマップで店選びをする若者たち

現在地周辺のスポットの店舗をジャンルごとにワンタッチで表示してくれることや、Googleのレビューは素人感があり不正しづらい印象があるということです。

ユーザーが本格的に増加し、MEO対策の競争が激化する前に参入することは大きなメリットの1つだと思います。

MEO対策のデメリット

MEO対策のメリットをお伝えしたところで、MEO対策のデメリットをお伝えしていきたいと思います。

そんなMEO対策のデメリットをまとめると

デメリット①:MEO対策で良い口コミが集まるとは限らない

デメリット②:MEO対策の成果がすぐ出るとは限らない

デメリット③:PCの扱いに慣れていない人は難しい

となります。

MEO対策で良い口コミが集まるとは限らない

MEO対策を行なったからといって、顧客満足度向上を怠ると良いレビューは集まりません。

Googleマイビジネスアカウントの情報を最適化しても、店舗での顧客満足度の改善を行わないと良いレビューは集まりません。

また、1度悪いレビューをつけられてしまうと、オーナーさん側の都合でレビューの操作を行うことは原則できません。

悪いレビューの削除は、Googleのポリシーに違反したものみ、削除依頼を行い削除することができます。

投稿内容は、実際の体験や情報に基づくものでなければなりません。意図的な虚偽情報の投稿、写真のコピーや盗用、話題に無関係なクチコミ、中傷的な表現の使用、個人攻撃、不必要または不正確なコンテンツなどは、すべてポリシー違反に該当します。こうした行為を見かけた場合は、ご報告ください。

引用:https://support.google.com/contributionpolicy/answer/7422880

上記が、Googleのポリシーですが、意図的なレビューや不適切なコンテンツ以外は削除申請の対象にはなりません。

1つ例を挙げると、店舗のレビューに★1の誹謗中傷のコメントのされていないレビューが行われたとします。

このようなレビューは削除できるでしょうか?

答えは、できません。

その理由として、Googleのポリシーに違反しているか判断できないからです。

現状では、その対策としてはネガティブなレビューを上回るほどのポジティブなレビューを増やしていくしかありません。

MEO対策の成果がすぐ出るとは限らない

MEO対策の効果を実感するには基本的には1~2ヶ月間は必要とします。

MEO対策は、明日や来週からすぐに成果が上がるものではありません。

競合店舗が少ないエリアの場合、すぐ効果が出るということもあります。

しかし、一般的にはMEO対策の効果を実感するには1~2ヶ月を必要とします。

超短期間(即日〜2週間)での成果をあげようと思う人にはMEO対策は、適した方法ではありません。

1ヶ月~2ヶ月~1年と中長期で集客をしていきたいと行ったオーナーの方には絶大な効果を発揮する可能性のある集客手法です。

PCの扱いに慣れていない人は難しい

MEO対策メリットデメリット2

PCの扱いに慣れていない人はMEO対策業者に依頼するのが良いと思います。

MEO対策は、主にGoogleマイビジネスというアカウントを用いて対策を行います。

具体的な施策として、Googleマイビジネス情報の入力最適化、サイテーション対策など多岐に渡ります。

PCに慣れていない方が独力で、以上の対策を行うのはかなりの手間になるかと思います。

そこで現在、弊社イワクラボを含め多くの会社がMEO対策支援を行なっています。

基本的な単価は、月額2~3万円ほどなので集客は外部に委託し本業に集中するというのも1つの手段かもしれません。

MEO対策メリット・デメリットまとめ

MEO対策導入のメリットデメリットをお伝えしてきましたが、デメリットをメリットを大きく上回るほど効果の高い集客手法です。

近い将来、MEO対策が主な店舗集客手法になると感じています。

2019年現在では、本格的に取り組んでいるオーナー様はまだまだ少ないように思います。

そうした状態であるからこそ、いち早くMEO対策に取り掛かり差別化を図ることができます。

MEO対策のご相談

弊社では、Googleマイビジネスの登録から、Googleマップ専用枠における上位表示までを一貫して代行することが可能です。

MEO対策をしたいけどどうやったらいいかわからない、MEO対策をする時間や人員がいない、という方は是非一度弊社にご相談ください。

MEO対策に関するお問合わせは、MEO対策お問い合わせフォームから承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。